助成金Q&A

社労士コラム

お問い合わせはこちら

京都で助成金申請をするなら社労士法人京都ビジネスサポート

助成金申請のことなら京都ビジネスサポートにご相談ください

〒612-8227
京都市伏見区三栖向町734-6

TEL 075-623-0880 / FAX 075-623-0860

厚生年金保険70歳以上被用者該当・不該当届について

 こんにちは。火曜日の担当の竹谷です。本日は、社会保険の手続き書類である「厚生年金保険70歳以上被用者該当・不該当届」についてふれていきたいと思います。

 70歳以上被用者とは、70歳以上の方を新たに雇用された場合や、70歳以前から社会保険に入られている方を70歳到達後も継続して使用される場合に提出が必要になります。70歳以上被用者となる方の具体的な要件としては、①70歳以上の方、②過去に厚生年金保険の被保険者期間がある方、③厚生年金保険の被保険者要件を満たしている方、の3点に該当される方を指します。

 上記の70歳以上被用者に該当されたとき又は該当されなくなったときに「厚生年金保険70歳以上被用者該当・不該当届」を日本年金機構へご提出ください。

 70歳未満の厚生年金保険に入られている方が70歳到達により、厚生年金保険を資格喪失される場合は、「被保険者資格喪失届」を同時に提出する必要があります。また、70歳以上75歳未満の方で社会保険に新たに入られる場合は、「健康保険被保険者資格取得届」を同時に提出する必要がありますので、ご注意ください。

 では、失礼いたします。

 

竹谷



PAGETOP