助成金Q&A

社労士コラム

お問い合わせはこちら

京都で助成金申請をするなら社労士法人京都ビジネスサポート

助成金申請のことなら京都ビジネスサポートにご相談ください

〒612-8227
京都市伏見区三栖向町734-6

TEL 075-623-0880 / FAX 075-623-0860

時間外労働・休日労働に関する協定届について

 こんにちは。火曜日の担当の竹谷です。本日は、「時間外労働・休日労働に関する協定届(36協定)」についてふれていきたいと思います。

 時間外労働・休日労働に関する協定届とは、本来は違反となる、法定労働時間を超える時間外労働や休日労働を認めてもらうために、事業主様と従業員さんの代表の方との間で結ぶ、協定のことを指します。

 本来、労働基準法で定められている法定労働時間である1日8時間、1週40時間を超えて働かせることは労働基準法違反となりますが、労働基準法第36条の規定により、時間外労働・休日労働に関する協定届を締結し、労働基準監督署へ提出することで、時間外労働や休日労働が認められます。労働基準法第36条に基づいた協定届となるため、36協定(さぶろくきょうてい)と呼ばれています。

 ただし、労働基準監督署に届け出をせずに、法定労働時間を超えた時間外労働や休日労働を行った場合は、法律違反となりますので、ご注意ください。

 手続きの方法や提出書類に関しては、来週お話ししたいと思います。

 では、失礼いたします。

竹谷



PAGETOP